破産の魔力

迷える第2次ベビーブーム世代の仲間たちと

保身の気持ち

人間の細胞の数は60兆個とか37兆個とか言われていますね。


まぁどちらにしろ、物凄い数と言うことはわかります。


その細胞すべてが、言うなれば自分以外のために働いているそうです。

この細胞はあの細胞に、あの細胞は隣の細胞に、ちょっと集まって向こうの団体へ・・・

そうした細胞の皆さんの働きで、私と言う人間が、息をしたり、手を動かすことが出来ている。


っとこんな感じでしょうか


しかし、この何十兆の細胞の中に、たった1個だけ、自分のためにしか働かない細胞があるそうです。


なんだかわかりますか


そうなんです。それが


がん細胞なんだそうです。


常に自分が大きくなることしか考えず、他の細胞をやっつけてブクブク太り、やがて自分の住処ごとダメにしてしまう。


人間の集団の中にも、時々いませんか


「アイツがんだよぉ~」って聞いたことありませんか


私は今勤め人ですが、店を営んでいる時、時々見かけました。

スタッフとしても、お客さんとしても、スタッフは注意しても治らなかったのでやめてもらいました。お客さんは、会話になりそうになったら、徹底的に敬語で必要以外の会話はしないように努めていました。私が長だったのでやり易かったですが


今の会社に、まさにソレって方がいます。


私が辞めさせることはもちろん出来ませんし、年齢も在籍年数も大先輩


もちろん出来る限り近づかないようにしていますが、一歩引いてみていると、まぁ酷いもんです。

自分の存在を確立したいのか、平気で人をおとしめる様なウソをつく。

そして、ちゃんと家臣のような輩がくっついていて、そこで世界をつくり、人の悪口ばかり言っている。

そして、文句を言っている管理職の前に出ると・・・これまた酷いもんです。別人???ってなもんです


言いたいのは、その人がどうとかでは無くて、ちゃんと機能しなくなっちゃうんです


自分と直接の接点が無くても、同じ輪の中にいると、間接的にも何らかの影響がくる。

好き嫌いが生まれて、コミュニケーションしなくなり、さらに悪循環に。


自分で店をやっている時は、人のことをそう言った感じで観察していましたが、勤めるようになってから、自分の周りがスムーズに動いてなかったり、家族がまとまっていないように感じた時なんか、あっ!オレがんになってないかなぁ って考えるようになりました。


ほんのちょっとの保身の気持ちで、自分がならないとも限らない。


あの人たちが教えてくれました。


今は、保身の気持ちなんか考えることの無いように、行動あるのみでやっています。


家族の中の、社会の中の、この地球の、良い細胞になりたい