破産の魔力

迷える第2次ベビーブーム世代の仲間たちと

自己破産

私が自己破産をしようと決断した理由ですが、


店を辞めたら、単純に返済が出来ない。これは大きな理由の一つです。

 

月々40万程度の返済がありましたので、普通に務めて、バイトなんかもしたとしても、生活しながらこの額の返済は不可能と思ったからです。

さらに、何度か家賃を待ってもらった分と、税金の滞納なんかもあったので、決断した時は本当に”解放される”と思ったものです。


ちなみに、一応書いておきますが、税金は基本、破産をしたからといて、放棄はしてくれません。


あと、なんで特に大騒ぎになることなく、待ってくれていたかと言うと、必ず、税務署に連絡を入れていました、2~3か月に一度は必ず。担当さんは、コレが大事と言っていました。一番不味いのは、連絡を入れないでシカトしていることだそうです。シカトを続けられ、もうダメだとなると、いきなり強制なんとかになるケースもあって、そうなったら、話しもクソも無くなってしまうと


あまり大きな声では言えませんが、私は破産をして、国税とは、今このような状況になっていると、市民税課に打ち明け、相談を繰り返したところ、金額は大きく違いますが、市民税を放棄してもらえたのです。


そして、ここでもハッキリと書いておかなければならないのですが、

 

家賃・税金の滞納はいけないことで、恥ずかしいことです。
法的処置が施されても当然なことで、言い訳などできません。上記したような事実は、私のだらしなさが招いたものに他なりません。


私が悪い!  ただそれだけです。


ただ、ココに書いておきたいのは、そんな風になってしまったとしても、まだ出来ることがある。相談出来るとこがある。です


後回しにしない。放っておかない。逃げない。


招いてしまった事実は事実。消すことは出来ません。自分で招いたことなので、自分で終わらせなければなりません。


なので書きました。破産も良いことでは無いとも思いますが、日本人である以上、国から認められている正式な制度です。

https://www.courts.go.jp/morioka/vc-files/morioka/file/20303001.pdf

(勤め人か自営業か、と事業の規模でも費用は大きく変わります)


破産を進めるつもりもありませんが、各方面に相談するなど、何か出来ることはあるってしって頂ければと思ったからです。


この、毎日頭から消えない 払わなければ、お金を作らなければ・・・


コレから解放された時


社会的信用?恥ずかしい?ブラックリスト


毎日の気持ちの楽さに勝るものは無いという

 

感じになりました。


まぁ、恥ずかしい話に違いはないんですけど(汗