破産の魔力

迷える第2次ベビーブーム世代の仲間たちと

償い

そんなに読まれてはいないのですが、時々何名かの方にお読み頂いている様なので、改めてちゃんと書いておかなければならないと思いますので書いておきます。


飲酒運手はとても重い犯罪だと思っています。

その昔、と言っても20年から30年ほど前ですか、私の住む地域では、飲酒運転はさほど罪に問われませんでした。

警官に道路で停められて、酒を呑んでいることがわかっても、気を付けて帰るように っと言われて済んだぐらいです。

今回の逮捕となるまで、わたし自身、そんな流れを受けてか、少し軽視していた所があったのだと思います。

今回、幸いにも、物も壊さない、人も傷つけないで済んだので、しっかり反省して、ごく近い身内に対して償って行くと言うことで、言い方が適切かわかりませんが、それほど大きな騒ぎになることはありませんでした。

しかし、一歩間違えれば大惨事になっていたでしょう。だって、車を運転したこともはっきり思い出せない、もちろん通った道なんて全く分からない。

警察が道にある防犯カメラを端から調べてくれて、お前はココを通って現場まで行ったと教えられたぐらいです。

その道中人を傷つけていてもまったくおかしくない。

そんなことになったら傷つけてしまった方とそのご家族はもちろん、自分の家族、親族、みんなを巻き込んで、みんなのこの先の人生を変えてしまう。本当にそれほどの犯罪だと思います。

ですので、はっきりと、

 

飲酒運転は絶対にしてはいけない。非常に重い犯罪です。


わたし自身、今もこれからも決して忘れない事実と反省です。


そして時が経ち、生活が大きく変わりました。
不謹慎かもしれませんが、悪いことばかりではなく好転している所も多くあります。

私の経験で、少し悩みを抱えている方に勇気と希望を持ってもらえるんじゃないかっと思っています。


だって、逮捕されて、新聞に掲載されて、19年生業にしてきた仕事を潰して、自己破産です。

 

悩みを抱えている方も、ここまで落っこちている方はそうはいらっしゃらないのではと思います。

私は決して消すことのできない十字架を背負いましたが、今をそれなりに充実させて頂いております。

 

きっと前には希望がある。

 

そして、さらけ出して行くことで償って行けたらと思っております。


今日も長々失礼いたしました。ありがとうございました。