破産の魔力

迷える第2次ベビーブーム世代の仲間たちと

ご紹介

はじめに同部屋になった、全身刺青のジミー大西顔の人。

とにかく寝る。

あれだけやる事が無いので寝れたら最高なのだが、昼も夜もそうそう眠れるものじゃない。しかし、昼も夜もイビキをかいて寝る。

すげーなぁ・・・っと思っていたのだが、同部屋になって謎が解けた。

どうも薬系でココに入れられているようで、現在は精神安定剤的な薬を飲んでいるらしい。その副作用なのか薬を飲むと寝る。恐らく薬のせいだろう、そうでなければあんなに眠れるもんじゃない。

そして、弁当にも不満を漏らしていた「ここは何でも揚げちゃうから」っと揚げ物が多いことを教えてくれた。
結構な常連のようで、他にも色々と教えてくれる。
同時期に入っていた年配のやくざ風な人がいたのだが、初犯だが実刑確実だそう、しかしあのままでは必ずイジメにあうと言う。
寝ころびながら、ひじ打ちをされたり、昼も作業中に嫌がらせ受けるという。彼曰く、オレはここでも堂々と生きているぞ感が出過ぎらしい。

そのおっちゃんなのだが、朝と夜の洗面の時間、最後に必ず、タオルをパンツの中に突っ込み、股間をわっさわっさと豪快に拭いて見せるパフォーマンスをする。きっとそんなところもあるのだろう・・・


次は、運動で一緒になった、オレオレ詐欺の受け子で捕まったという、千葉から来たと言ういかにも普通そうな20代の子。

私の、思い出せないで捜査資料が整わず拘留される。そんな展開だったと書きましたが。この子に至っては、雇ってくれた人がそもそもわからない。言われてそこに行ったら詐欺で捕まった。

運動に居合わせた、自称、証拠が整わずに2か月ここに居て、いろいろ詳しくなったと言う傷害の罪でここに居る20代後半の子が、このパターンが一番長引きますよ!っと言っていた。

 

ちなみにこのオレオレ詐欺の子が次に、私と同部屋だった、全身刺青の人と同部屋になることが決まり、「怖いです怖いです」っと私に泣きそうな顔で訴えてきたのが面白かったW


今日はこのお二人