破産の魔力

迷える第2次ベビーブーム世代の仲間たちと

起訴

2017年(平成29)7月20日(木)

 

いよいよ検事調べ

検事がこれまで作ってきた調書を確認、肉付けをしていくように、読み上げながら質問をしてくる。

しかし、前回より口調がキツイ感じがした

自分の取った行動を思い出せないこと
呼気の検査で0.9という数字が出たこと
(*酒気帯び運転の基準値となる呼気中アルコール濃度は0.15mg/L)
この2点を強く主張してくる

 

なんだこの感じは・・・

 

イヤな予感というより、今から何が起こるのか少し怖い感じがした

しかし途中、「忘れてしまったのは眠ってしまったからかもしれませんね」などと、少し擁護してくれているのか?
っと思うような場面もあり、なんだ どうなる・・・
調書を一通り読み終えて

 

「起訴します」

 

最後はその一言だった
酒気帯びとかではありません「酒飲み運転です」っと付け加えられた。

 

順ちゃん(弁護人)も留置所の警察官も、略式起訴ってところじゃないかと言っていた
しかしこの時、起訴と略式起訴の違いは分かっていなかった。

良くわかっていなかったが「起訴します」の後は
自然と天を仰いだ・・・空は見えないのだが(恥

(*通常の起訴では、被疑者が拘束されたまま行なわれますが、略式起訴されると、被疑者の身柄は釈放される)

 

このことを早く順ちゃんに伝えたいのだが、この日は姿を現さなかった。

そして消灯時間

また長い夜の始まり

 

そして

 

いつまで・・・


早く明日になぁれ