破産の魔力

迷える第2次ベビーブーム世代の仲間たちと

保身の気持ち

人間の細胞の数は60兆個とか37兆個とか言われていますね。


まぁどちらにしろ、物凄い数と言うことはわかります。


その細胞すべてが、言うなれば自分以外のために働いているそうです。

この細胞はあの細胞に、あの細胞は隣の細胞に、ちょっと集まって向こうの団体へ・・・

そうした細胞の皆さんの働きで、私と言う人間が、息をしたり、手を動かすことが出来ている。


っとこんな感じでしょうか


しかし、この何十兆の細胞の中に、たった1個だけ、自分のためにしか働かない細胞があるそうです。


なんだかわかりますか


そうなんです。それが


がん細胞なんだそうです。


常に自分が大きくなることしか考えず、他の細胞をやっつけてブクブク太り、やがて自分の住処ごとダメにしてしまう。


人間の集団の中にも、時々いませんか


「アイツがんだよぉ~」って聞いたことありませんか


私は今勤め人ですが、店を営んでいる時、時々見かけました。

スタッフとしても、お客さんとしても、スタッフは注意しても治らなかったのでやめてもらいました。お客さんは、会話になりそうになったら、徹底的に敬語で必要以外の会話はしないように努めていました。私が長だったのでやり易かったですが


今の会社に、まさにソレって方がいます。


私が辞めさせることはもちろん出来ませんし、年齢も在籍年数も大先輩


もちろん出来る限り近づかないようにしていますが、一歩引いてみていると、まぁ酷いもんです。

自分の存在を確立したいのか、平気で人をおとしめる様なウソをつく。

そして、ちゃんと家臣のような輩がくっついていて、そこで世界をつくり、人の悪口ばかり言っている。

そして、文句を言っている管理職の前に出ると・・・これまた酷いもんです。別人???ってなもんです


言いたいのは、その人がどうとかでは無くて、ちゃんと機能しなくなっちゃうんです


自分と直接の接点が無くても、同じ輪の中にいると、間接的にも何らかの影響がくる。

好き嫌いが生まれて、コミュニケーションしなくなり、さらに悪循環に。


自分で店をやっている時は、人のことをそう言った感じで観察していましたが、勤めるようになってから、自分の周りがスムーズに動いてなかったり、家族がまとまっていないように感じた時なんか、あっ!オレがんになってないかなぁ って考えるようになりました。


ほんのちょっとの保身の気持ちで、自分がならないとも限らない。


あの人たちが教えてくれました。


今は、保身の気持ちなんか考えることの無いように、行動あるのみでやっています。


家族の中の、社会の中の、この地球の、良い細胞になりたい

きっかけ

きっかけってなかなか難しいところありますよね。


ただ情報だけで考えると、今や至る所にあるように感じる時があります。

むしろ、向こうからやって来ると言ってもいいカモ

それを、きっかけとするかしないかは、それこそ

「あなたしだい」って感じ


かつては、情報弱者と括られていた我々世代(そうでない方ももちろんいると思います)

 

スマホを持っていない人でも、コンビニなんかは結構行くんじゃないかと思います。

今やコンビニも情報だらけで、ドンキなんかは、商品一つひとつに店員さんなのか、コメントを書いてくれてあったり、何より商品の量、情報があふれていて疲れてしまう。

 

とは言っても、何がきっかけになるっと言った方もいらっしゃると思います。

 

最近のコンビニの本棚を見たことがありますか、「お金の稼ぎ方」「お金に好かれる方法」「おすすめ副業」「人生を変えた100の言葉」etcそんな文字が溢れかえってて

レジにはお得な情報が表示がいっぱい、まだピンと来ないかも知れません

 

我々世代でブッチギリの先の先の方を走り続けているホリエモンは、何かの本で次のように表現していました


「ほとんどの人は、川から大きな桃が流れてきたらキモチワルイと思うか、怖くなって拾って帰ろうとは思わない、さらには切ってみようなんて、その桃を持ち帰り、切ってみたおばあちゃんとおじいちゃんはどうなったか、桃太郎を授かった


誰でもただで出来る初めの一歩


今まで、ちょっと怖いとか、ちょっと難しそう、聞いたことはあるけど面倒くさそうと耳にシャッターをしてしまっていた、そんなフレーズを持ち帰ってみる

頭に止めておいて、勇気を出して切って食べてみる

 

そんな感じの事が、ただの言葉を自分自身が情報として噛み砕いたことになって、

そこから、楽しそう、いいなぁ、なぁんて気持ちなんかが湧いたらまさにそれこそが

 

「きっかけ」って感じかなぁ


なぁんて思ってます。


一週間がはじまりますね!

楽しんで行けたらいいですね!


ありがとうございました

捨てませんか?

コロナのせいで、中3の息子の修学旅行が取りやめになりました。


中学の修学旅行 息子にとっては大きな機会損失です。行かせてあげたかった。こうなたら私がしかり免許を再取得して連れて行こうっと密かに燃えています。


息子だけではありませんね、日本中、いや世界中で強制的に奪われている。


楽しみにしていたこと、これからをもっと有意義にしようとしていた挑戦、生活そのものも


破産する前は、破産したら本当にもうお終い。その先は無いのだろうっと思っていました。


しかし違いました


以前書きましたが、お終いでは無くて、はじまりでした。


50年近く生きていると、意図したもの、また意図して無いものまで抱え込んでしまっていました。皆さんもそんな方いらっしゃるんじゃ無いかなぁ


現在を順風満帆の方はスルーして下さい。


もし、そうではなくて、以前の私のように、今に満足せず悶々とした時間を過ごしている方がいらっしゃったら、今抱えているモノやコトやヒトは本当に必要なのでしょうか


コロナでいろんな機会を奪われている今、本当にいい機会だと思うんです。(日本語変?かな)


これまで必要だと思って自分に取り込んできたモノ、良いと進められて取り入れて来たコト、そして、しっかりとした検証もせずに惰性で続けてしまっていることってありませんか


肩書き・見栄・執着・こだわり


こだわり抜いたラーメン!みたいにハッキリと結果につながっていると他人に数字として示せる「こだわり」なら、大変素晴らしいもので、私に真似が出来るものではないのですが

私がそうだったように、経営者という肩書、店を、自分をこんな風に見せたいっと言う見栄、自営を続けたいと言う執着、男ってのは!とかオレは昔から・・・みたいなフワっとしたこだわり


私の場合はすべて思い込みでした。


もちろん、しっかりと、この肩書きが、この見せ方が、コレが、このこだわりが、コレをコレだけ成功させている!と、数字で示せるものなら、それはとても大切なものだと思います。


ゼロにイチを足していく。みたいな感じで成長して行こう!みたいな言葉を良く見かけます。ひとつづつ出来ることを増やして行こう。本当にそうだと思うし、自分もそうして行きたいとも思っています。


ですが、どうでしょう。私たち世代は人生の折り返し地点。


増やすばかりではなく、ゼロに近づける努力もしてみませんか


私は破産を言い訳に、いろんなものを捨てました。


コロナを言い訳に、捨ててみませんか?


肩書き・見栄・執着・こだわり  それがあなたを縛っていませんか


私は全部無くなりました。しかし、自分の手足で、また学んだことで、出来るようになったことは増えています。


もし、以前の私のように、首が回らない、とても視野が狭い、○○はかっこ悪い、恥ずかしい、そんな感情が買ってしまって、苦しんでいる方いらっしゃったら


全部コロナのせいです!


コロナのせいで一旦諦めて、また立ち上がるのです!


余裕です!


私は、逮捕されて、新聞に掲載されて、起訴されて、前科がついて、事業を潰して、自己破産をしました。


それでも、修学旅行に行けなくなった息子を、行ける場所だった所へ連れて行きたい!なんていう平和な夢が見れています。


携帯の中のデータが全部無くなったとしても、本当に必要なことなら、向こうからやってきます。


見極めて、逃げるのも一つですが


今日も自分に言い聞かせるような、長々と失礼いたしました。


良い週末を


そして スタートを

恥が最高の経験値になる。

知らないものを好きになると言うことは、まず不可能だと思います。

触れたことのない、味わったことのないモノやコトを好きになれるわけが無いです

 

今のご時世ですので、ネットなのでバーチャルに味わい、想いを寄せる何かが有るかもしれませんが、でも特に私なんかの世代の方々はそんなに多くは無いのではないでしょうか。

 

私たちがが知っていると思っている、甘いもの、苦いもの、辛いもの、酸っぱいもの、他にもあるだろうか、しょっぱいもの、コレ確実に言い切れると思っているのですが、あなたが知っているコレら以外のものは必ずあります。むしろ知らないもののほうが多い可能性は非常に高い。

 

なぜなら私もそうだからです。そうであったと言うほうが今はしっくり来るかもしれない。破産がそう教えてくれたような気がしています。

 

それらに実際に触れるだけで、味わうだけで、ほんの少しでも新しい気持ちに目覚めるかもしれない。

中には大きな衝撃を受け、○○との出逢いが私の人生を大きく変えた、などと言う方もいらっしゃるんじゃないかな

 

先に書きましたが、知らないことを好きになるのは不可能。バーチャルは抜きにして、知らないことに情熱を燃やすなど間違いなく出来ないし、知らないことに向かって行動するなんて出来ません。

 

自分の思い込みを疑って、まずは知ること、味わうことが大切なのではと思いました。


未知の世界は怖い。


おまけにそこそこ歳を摂っている。これから挑戦なんて恥ずかしい

 

ちょっと考えてみて頂けますか

 

常に自分の可能性を妨げるもの、自分の足を引っ張るもの、それは、今の環境でも、背負っているものでもなく、自分自身で、自分の思い込みじゃないですかね

 

今コレを読んでくださっている方、何か私はコレだ!みたいなネタがありますか。

 

私もそうでした、経験が少なすぎた。ある程度歳をとってしまってから、ネットが普及して急速な早さで世の中が変化した。それは途方もなく変化しました。これまで もういい年だし っと言っていた歳もこれまでと同じでは無くなりました。人生100年時代。

 

まずは飛び込む、触れる 味わう、恥を怖れずネタを集めに行く。

 

そのなかで出逢えるかも知れない、これまで知らなかった、自分の魂が喜ぶような、情熱が勝手に沸き上がってきてしまうようなことに、さらに言えば、多くの新しいことに触れ、味わい気付くかもしれない、今自分の持っているものの素晴らしさに、情熱を燃やしなおせるかもしれない。


破産した時同様に、どうやら、恥ずかしがっていたら、その先にあるものには出逢えなそうですよね。

 

みなさん

 

こんな時ですが がんばて恥かきましょう!

目標とただの欲望

先ずは、もろもろの資料を揃えて、弁護士から破産の申し立てを裁判所にしてもらう。

裁判所で審査され、OKとなると破産開始決定が下される。

そして、依頼した弁護士ではない、別の弁護士が破産管財人となり、私に送られてくる郵便物は全て管財人に届くようになりチェックされる。

破産の大きさで(金額)その期間が決まる。私は長くても半年ほどで終わると思われた。

詳しくは↓↓↓

http://www.ayame-law.jp/15880395154550

 

今、改めて無くしたものはあるか?困ったことはあるか?

そんなことを聞かれたら


「ないです。」っと答えると思います。


以前も少し書きましたが、カードが使えない。借金出来ない。これはあります。

しかし、これらの事を補って余りある、時間と気持ちで、カード使えないとかは、なんともない!!


私も、破産をする前は、自己破産なんてしたら、人生終わる。なぁんてぐらいまで思っていました。

 

ところがどっこいです。

終わるどころか、スタートでした。しかも重い荷物は降ろさせてもらい、身軽にしてもらってからのスタートです。

 

そして、一度失敗しているので、このスタートからはムダな荷物は持たなくなりました。むしろ、さらに身軽にフットワーク良く動けるか、そんな工夫も出来るようになってきました。

 

今思うと以前は、アレも無きゃ、コレも必要じゃないかな、もっと増やさなきゃ・・・どちらかと言うとこんな風な、もっと欲しい、増やさなきゃ的な思考でした。


そうなんです。これじゃぁ切がないのです。そして一向に満たされない。


何をやっていたんでしょう。何を怖がっていたのでしょう。


今はそんな風に思えます。


あまり大きな声では言えませんが、私、当時ロータリークラブに在籍させて頂いていたのですが、当然続けられません。在籍させて頂いたクラブには大変ご迷惑をかけてしまったと、申し訳ない気持ちでいっぱいですが、失礼な物言いと承知で言わせて頂きますと、私の人生、私の毎日にはなんにも支障はありませんでした、むしろ会費や寄付が無くなり助かりました。


書いていて思いました。


やはり足りていなかったのです。私自身が。背伸びばかりをしたがっていた。

何事も上手くいこうはずが無い。そんなのは、言ってしまえば自分じゃない。誰かの所まで行きたい、誰かみたいに成りたい。

誰かみたいに成りたい!は、純粋に目標としているなら良いと思いますが、そのためには、こうしなきゃ、アレもしなきゃっと上辺だけをマネし始めるのはタチが悪い。

 

わたしはタチが悪い方だったのだと思います。

何より心が貧しかった

実の兄と、妻に保証人になってもらっていた融資がありました。

破産をすると当然、保証人に回ります。しかしこれは、後からでも返せます。
こんな言い方は良くないかもしれませんが、利息も付かない。
もちろん感謝の気持ちはずぅ~っとあります。その分もしっかりと礼を尽くして返して行く。そして、また信じてもらえるように。


お金を作らなければ、○○の支払いをしなくては・・・


頭の中はコレで埋め尽くされていた状態でしたが、破産手続きが進むにつれ、請求書や督促状が届かなくなる。銀行からの電話も無くなる。


夢見ていた現実に近づいている感じ・・・っと言うと言い過ぎと言うか、なんか違うのですが、解放されて行く!そんな感じになりました。


同時に、仕事への意欲と言いますか、とにかく気持ちが前向きになって行く!そんな感じです。


いろんなモノに興味が湧きました。本も読めるようになりました。


家族とも、仲が悪かったわけでは無いのですが、以前より仲良く、近く感じるようになりました。


ただ、勤め人なので拘束時間があり、その部分の、自分で段取りを組んで、時間を動かす。みたいな調整は出来なくなりましたが、こんなものは どおってことがない。


勉強できる。知らなかったことを知る。面白いですねぇ!!


しかも、何か興味を引くものを見つけると、内容、やり方等、そのほとんどはスマホで調べられる。


破産した状態に違いはないのですが、その事実を抱えたうえで、これからどんな事しようかと、本当に楽しみなんです。


これも自己破産をしたから、たどり着けたところなのだと思います。


とても多くの思い込みで生きていました。

とても狭い視野で暮らしていました。

心がとても貧しかったっと 今はそんな風に思います

 

ここまで寄り添い、支えてくれた人たちに本当に

 

感謝です。

 

 

自己破産

私が自己破産をしようと決断した理由ですが、


店を辞めたら、単純に返済が出来ない。これは大きな理由の一つです。

 

月々40万程度の返済がありましたので、普通に務めて、バイトなんかもしたとしても、生活しながらこの額の返済は不可能と思ったからです。

さらに、何度か家賃を待ってもらった分と、税金の滞納なんかもあったので、決断した時は本当に”解放される”と思ったものです。


ちなみに、一応書いておきますが、税金は基本、破産をしたからといて、放棄はしてくれません。


あと、なんで特に大騒ぎになることなく、待ってくれていたかと言うと、必ず、税務署に連絡を入れていました、2~3か月に一度は必ず。担当さんは、コレが大事と言っていました。一番不味いのは、連絡を入れないでシカトしていることだそうです。シカトを続けられ、もうダメだとなると、いきなり強制なんとかになるケースもあって、そうなったら、話しもクソも無くなってしまうと


あまり大きな声では言えませんが、私は破産をして、国税とは、今このような状況になっていると、市民税課に打ち明け、相談を繰り返したところ、金額は大きく違いますが、市民税を放棄してもらえたのです。


そして、ここでもハッキリと書いておかなければならないのですが、

 

家賃・税金の滞納はいけないことで、恥ずかしいことです。
法的処置が施されても当然なことで、言い訳などできません。上記したような事実は、私のだらしなさが招いたものに他なりません。


私が悪い!  ただそれだけです。


ただ、ココに書いておきたいのは、そんな風になってしまったとしても、まだ出来ることがある。相談出来るとこがある。です


後回しにしない。放っておかない。逃げない。


招いてしまった事実は事実。消すことは出来ません。自分で招いたことなので、自分で終わらせなければなりません。


なので書きました。破産も良いことでは無いとも思いますが、日本人である以上、国から認められている正式な制度です。

https://www.courts.go.jp/morioka/vc-files/morioka/file/20303001.pdf

(勤め人か自営業か、と事業の規模でも費用は大きく変わります)


破産を進めるつもりもありませんが、各方面に相談するなど、何か出来ることはあるってしって頂ければと思ったからです。


この、毎日頭から消えない 払わなければ、お金を作らなければ・・・


コレから解放された時


社会的信用?恥ずかしい?ブラックリスト


毎日の気持ちの楽さに勝るものは無いという

 

感じになりました。


まぁ、恥ずかしい話に違いはないんですけど(汗